緻密な製造工程を一連の流れとしてオートメーション化することで、高品質でありながら安定した生産量を可能にしています。