運転状態 原 因 対 策



高い金属音 潤滑不良 適正な潤滑剤と量
すきま過小 適正なすきま
取付不良 軸・ハウジングの精度見直し、取付方法見直し
過大荷重 はめあい・予圧の見直し
低い金属音 軌道面の圧痕 落下又は取付時の衝撃荷重
規則音 錆・傷 密封装置見直し、清浄潤滑剤使用
軌道面フレ−キング 適正なはめあい・すきま・潤滑・取付方法
不規則音 異物侵入 密封装置見直し、清浄潤滑剤使用
すきま過大 適正なすきま
ボールの傷・フレーキング 適正なすきま・荷重
時間的に
変化する音
温度上昇によるすきま変化 軸・ハウジング材の見直し、適正なすきま
軌道に異常が進行中 適正なはめあい・すきま・潤滑・取付方法
大きな振動 軌道・ボールのフレーキング 適正なはめあい・すきま・潤滑・取付方法
異物侵入 密封装置見直し、清浄潤滑剤使用
すきま過大 適正なすきま
取付不良 軸・ハウジングの肩の直角度修正
異常音度上昇 すきま過小 適正なすきま
取付不良 軸・ハウジングの精度見直し、取付方法見直し
過大荷重 すきま・はめあい・予圧の見直し
潤滑不良 適正な潤滑剤と量
クリープ はめあい見直し、軸・ハウジング修正
潤滑剤の汚れ グリース量過多 適正な潤滑剤と量
異物侵入 密封装置見直し、関連部品洗浄

  BACK<<  >>NEXT